スポンサーリンク

Redmi Note 8 Pro ROM焼き手順

スポンサーリンク

事前準備

必要なもの

  • adb環境をインストールしたPC
  • USBケーブル
  • カスタムするスマホ(当たり前ですね)
  • あればMicroSDカード(余裕をみて16GB以上)

あとは決意です。最悪は文鎮化です。特にMiFlashで復旧できない、MediaTek搭載でカスタムROMもほぼない端末なので、文鎮化率は高い方だと思います。

とにかくandroidのカスタムは全て自己責任でお願いします。

必要なファイル

  • カスタムリカバリ:TWRP 
  • リカバリ用のROM 先日fastboot用ROMをダウンロードしたサイトでOKです。Recovery用をダウンロードしてください。今回は解凍不要です。
  • DM-Verity カスタムリカバリ(TWRP等)を導入した端末に公式ROMを焼くと、起動しません。 公式ROM+TWRPにすると、SYSTEMパーティションの書き換えを監視するDM-Verityという機能が働くみたいで、SYSTEMが起動出来なくなります。これを無効にする為に、DM-Verityのzipを公式ROMをFlashしたあとにFlashします。(探すのに時間がかかってしまいました。)

ダウンロードしたファイルの保存先

  • TWRPはPCの任意の場所
    • ここではファイル名を「twrp.img」として説明しておりますので、ファイル名を「twrp.img」に変更しておいてください。
  • ROMとDm-Verityはスマホの任意の場所
    • わかりやすい場所が良いです。私はいつもrootフォルダに保存しております。
    • MicroSDカードがあれば、MicroSDカードの方がいいかも。

端末の準備

  • 端末のアカウントをログアウトしておく。(Googleアカウント、Xiaomiアカウント)
  • 暗号化も解除してください。(PIN、指紋、Face Unlock、パターン)
  • 端末のデバッグをON

TWRPインストール

  • adbで接続できているか確認を兼ねて、コマンドプロンプトからfastbootを起動する。
    • TWRPのファイルを保存してあるフォルダのアドレスバーに「cmd」と打ち込むとコマンドプロンプトが起動します。
    • 端末とPCをケーブルで接続(まだシステム起動で(fastbootでなくて)いいです。
    • コマンドプロンプトに adb reboot bootloaderと入力してEnter。
      • 初回接続なら端末側でデバッグ接続の許可が求められます。もちろん許可してください。
    • これで端末のfastbootが起動します。起動しなければSDKのインストールをやり直してください。
  • TWRPを端末に書き込みます。
    • 端末はfastbootのままPCに接続。
    • コマンドプロンプトに fastboot flash recovery twrp.imgと入力してEnter。
      • これでコマンドプロンプトの最後に「Finished」と表示されていれば書き込み完了です。
    • 続いてコマンドプロンプトに fastboot boot twrp.img と入力してEnter。
      • これで端末がリカバリ(TWRP)で起動します。初期設定(言語設定等)を済ませておく。(英語設定の方が何かと調べたりするのに便利です。)
    • ここで一旦、端末を起動させてみてください。
      • TWRPのホーム画面から「Reboot」→「System」
      • 10分待って起動しなければボリューム上+電源で、TWRPを起動してください。
      • ここで起動するようなら、文鎮化は免れると思います。
      • 逆に起動しないなら神に祈りましょう。

バックアップ

ここ重要です。バックアップなしだと、多分復旧できません。だいたい、Xiaomi機ROM焼きの最終手段が「MiFlash」なので「MiFlash」でROM焼きできなければ、このバックアップが最重要になってきます。

  • TWRPのホーム画面から「Backup」
  • デフォルトでは内部ストレージに保存されます。
    • MicroSDに保存かオススメです。その場合は「Select Storage」をタップし選択します。
  • 「Boot」「System」「Data」にチェックを入れて、「Swipe to Backup」を右にスライドしてバックアップ開始します。
  • バックアップが完了したら、復元できるか確認しておきます。
  • TWRPのホーム画面から「Restore」
  • 先程、バックアップしたデータが表示されますのでタップして選択します。
  • 「Swipe to Backup」を右にスライドしてリストア開始します。
  • doneと表示されれば無事に完了です。
  • ROMを焼いたあとに、Wipe(リセット)しなければ起動しない場合がありますので、内部ストレージにバックアップを保存した場合は、PCにバックアップを取りましょう。
    • そのままPCに接続すれば、リムーバブルディスクとして認識されます。
    • バックアップデータはrootフォルダ→TWRPフォルダに入っていますので、フォルダごとPCにバックアップしておく。

ROM焼き

いよいよROM焼きです。

  • ROMを焼く前にフルワイプします。
    • フルワイプはOSを完全に消す作業です。
    • 元に戻せない可能性もありますので、自己責任で作業をしてください。
    • TWRPホーム画面から「Wipe」
    • 「Advanced Wipe」
    • 内部ストレージとMicroSD以外にチェックを入れて、 「Swipe to Wipe」を右にスライドしてフルワイプを開始します。
    • 完了するとOSが端末から消えている状態になります。
  • TWRPホーム画面から「Install」
    • 保存してあるROMのファイルを選択します。
    • 「Swipe to Confirm Flash」を右にスライドしてROMの書き込みを開始します。
    • done.と表示されれば書き込み完了。
    • 「Wipe Cache/Dalvik」でCacheを削除します。同じように右にスライドする。
    • 最後に「Reboot System」をタップ。

20分待ってください。これで端末が起動するなら完了ですが、起動しないなら、TWRPを再び起動してください。

DM-Verity とフォーマット

DM-Verityを焼く

  • TWRPホーム画面から「Install」
    • 保存してあるDM-Verityのzipファイルを選択します。
    • 「Swipe to Confirm Flash」を右にスライドしてROMの書き込みを開始します。
    • done.と表示されれば書き込み完了。
    • 「Wipe Cache/Dalvik」でCacheを削除します。同じように右にスライドする。
    • 最後に「Reboot System」をタップ。

これでまた20分は待ちましょう。これで起動しないならフォーマットします。

フォーマットします。

  • TWRPホーム画面から「Wipe」
    • 「Format Data」をタップ。
    • キーボードでyesと入力
    • doneで完了
    • 最後に「Reboot System」をタップ。

またまた20分待ちましょう。これで起動しないなら、保存してあるデータで復旧作業を行います。

タイトルとURLをコピーしました