スポンサーリンク
スマホ関連 root化XiaomiカスタムROM

【俺たちのXiaomi】Mi11 Chinaモデルを完全Global化した!【デジオニ企画】

スマホ関連
スポンサーリンク

どーも!こんにちは!デジオニ管理人くっさんです(>ω<)

またまたデジオニ企画です。今回はなんとMi11です。

くっさん
くっさん

Xiaomiのフラッグシップで日本未発売モデルやで!

依頼内容は「Global化してください」との事。

「初めからGlobalモデル買えよ!」

と思う方もいますが、
Mi11シリーズはChinaモデルとGlobalモデルでの対応BANDが違うんですね。
Chinaモデルはドコモのプラチナバンドと、楽天モバイルのバンドにも対応しています。
ですが日本語には対応していません。
なのでMi11シリーズが発売されてから日本で、

ChinaモデルをGlobalモデルのROMに書き換える「Global化」が流行って来ております。

今回はroot化がないので、サクッとやっちゃいましょう。

他のMi11シリーズやその他のXiaomiスマホも基本的にGlobal化作業は同じ。

今回はMi11 ChinaモデルのGlobal化でしたが、
Mi11シリーズ(Mi11、Mi11 青春版、Mi11 Ultra)の中国モデルは日本のプラチナバンドに対応しています。

他にもXiaomiスマホのGlobal化は基本的に同じ作業です。
違いは焼くROMがその端末のものを使用する事だけです。

Mi11以外の端末をGlobal化したい方も参考にしてみてください。

Mi11のGlobal化に必要なもの

  • MiFlashのインストールしてあるPC
    • MiFlashのインストール方法と使い方はこちら
  • 端末とPCを接続するケーブル。
    • 端末に付属のケーブルを推奨。
    • 私は100均ケーブルで失敗しまくりました。
  • Bootloader Unlock済のMi11
  • Global ROMファイル
    • fastboot用
    • 今回は公式ページから落としました。Mi11のGlobal Versionを選択してください。
  • 公式ページはこちら

Mi11をGlobal化する前にする端末の設定

とにかく全て日本語ではありません。当たりまえですね(汗)

  • 初期化したら初期設定を済ませる。
    • 言語は英語にしました。
    • SIMカードやWi-Fi、Googleアカウント、Miアカウントはスキップ。
  • Settings→My Device→All specs
    • 「MUIU Version」を7回タップ。
  • Settings→Additional settings→Developer options
    • 「Developer options」をON。
    • 「OEM unlocking」をON。
    • 「USB debugging」をON。
  • 端末の電源を切ってFASTBOOTで起動しておく。

Mi11にGlobal ROMを焼く。

ROM焼き初心者にとってはとーっても簡単なアプリ「Xiaomi Tool V2」という、
とっても親切な人が作ってくれたアプリがあるのですが、
なにやら情報では上手くROM焼きができないらしく今回は「XiaoMiFlash」を使います。
公式ツールなので安心ですが、注意が必要なので心してかかる事。

使い方はこちら

Mi11のGlobal化完了!

MiflashにてROM焼きが完了すると、
日本語が選択できるようになっています。

楽天モバイルのSIMカードを試してみました。
APN設定を何もしなくてもSIMを認識しています。
VoLTEも掴んでいます。
楽天はパートナー回線(B18)ですが、しっかり掴んでいます。

まとめ

  • Bootloader UnlockとMiFlashを使ってのROM焼きだけだったので、
    今回は楽チン作業でした。

敷居が高そうに見えるROM焼きですが、きっちりやれば文鎮化は免れるので、
しっかり情報を調べて、手順通り行えば意外と簡単ですよ!

今回はMi11というXiaomi最新フラッグシップモデルという事で緊張しました。
なんせ私は格安スマホユーザーなので(汗)
Xiaomiスマホも20,000円前後のものしか買いません。なぜなら・・・

それで十分だから!!

でもMi11良かった。いつかは私も値段を気にせず新しいのが出たら買う。
これができるようになりたもんですね。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました