スポンサーリンク

2019年 洲本 arukanka アルカンカ:淡路島のイベント

淡路島
スポンサーリンク

どーも!こんにちは!デジオニ管理人くっさんです(>ω<)

今年もやってきました。アルカンカ!

くっさん
くっさん

今年も「アルカンカ」の季節がやってきたで!淡路島の食や文化に触れられるイベント盛りだくさんやで!

「洲本アルカンカ」毎年大盛況なこのイベント。 昨年に続き今年も開催されます。 なんと今年で7回目。もう洲本市の秋の定番イベントに定着しましたね。

「歩こうよ」の淡路弁(方言)が「歩かんか(アルカンカ)」なんです。なかなかのネーミングセンスです。イベント当日は洲本市役所周辺が歩行者天国になり様々なブースやイベントが開催されます。

開催日時、会場情報

  • 開催日時:2019年10月26日(土)10:00~17:00、27日(日)10:00~16:00
  • 会  場:洲本市役所周辺→地図

イベント一覧

淡路島マルシェ

淡路島の食材を使用した食べ物を提供する飲食ブース・選りすぐりの品物を販売する物販ブースが 約40店舗立ち並びます。

つりぼりイベント「ツランカ」

  • 開催日:26日(土)、27日(日)
  • 場 所:洲本市公設市場→地図

アルカンカに続き 「釣ろうよ」の淡路弁(方言)が「釣らんか(ツランカ)」なんです。

※詳しいイベント内容は不明。判明次第ここのページを更新していきます。

ストラックアウト「アテランカ」

これはまんまストラックアウトでしょう。なにか景品とか出るのかな?とにかくいろいろ謎だ。

これも淡路島の方言。「当てよう」の淡路弁が「当てらんか」です。

※詳しいイベント内容は不明。判明次第ここのページを更新していきます。

もちまきイベント「ヒロワンカ」

  • 開催日:27日(日)
  • 時 間:不明

「ヒロワンカ」ももちろん淡路島の方言です。「拾おう」の淡路弁が「拾わんか」です。

スタンプラリー

淡路島の特産品プレゼントです。やっぱり玉ねぎでしょうか?これはゲットしに行かねば!

お笑い芸人PR舞台

  • 日時 :26(土)のみ 12:00~
  • 場所 :メインステージ

洲本オリオン寄席

  • 日時:26日(土)のみ
    • 1回目13:00~14:30
    • 2回目16:00~17:30
くっさん
くっさん

芸人さんは、宮崎げんき、かみじょうたけし、愛一朗、暁明夫・輝晶、オールドルーキー、華井二等兵らが登場すんで!

地元にぎわしイベント出演

  • 洲本高校ダンス部
  • 蒼開高校ジャズバンド部
  • 洲本実業高校書道部
  • 洲本吹奏楽団
  • 阿波踊り(舞女流華連/三熊連)
  • キャラクターショー

無料上映 映画ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

洲本市が誇る堀井雄二さんによるドラゴンクエストが映画になりました。

なんと無料上映されます。お子様と観に行きましょう!

洲本市内にはドラゴンクエストの記念碑もありますので、合わせて訪問してみてください。

  • 日時:27日(日)
    • 1回目 10:30〜
    • 2回目 13:30〜
    • 3回目 15:30〜
  • 場所:洲本商工会議所 1階
  • 10:00より整理券配布。配布場所は判明次第、こちらのページを更新していきます。

アクセス

自動車

マイカー利用でしたら

  • 淡路島中央スマートインターチェンジ(ETC専用)
  • 洲本インターチェンジ

これらのインターチェンジが良いでしょう。どちらのインターチェンジでも5分~10分程度で現地にアクセス可能です。

現地のマップはこちら↓

駐車場

淡路島のいいところです。無料駐車場が多いです。中には有料もあるのですが初回2時間は無料や2時間を超えても1時間100円程度の所がかなり多いので、マイカーをお持ちの方は駐車場代を気にせず過ごせます。

公式駐車場はこちら↓

バス

洲本アルカンカは洲本市街でのイベントですので、自動車がなくても楽しめます。

洲本バスセンターから徒歩5分でイベント会場に到着します。

※洲本バスセンター(洲本BC)と洲本インターチェンジ(洲本IC)は全く別のバス停なので注意してください。洲本インターチェンジからイベント会場までは徒歩だと1時間以上かかります!

チラシ

現在配布されているチラシです。この記事を書いている現在は下のチラシしか情報がありません。何か情報が追加されましたら、できる範囲でこのページを更新していきます。

当日は私も映画を観に行く予定です。

なにか他にも楽しめたらいいなぁ~。

くっさん
くっさん

淡路島をギュッと濃縮した濃い~イベントになっています。
初めての方も、そうでない方も、淡路島の人も、そうでない方も、めっちゃ淡路島を満喫してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました