スポンサーリンク

【新型コロナウィルス】私的に思う事【淡路島】

淡路島
スポンサーリンク

もう語らなくてはならない状況です。

淡路島

感染者

この記事を執筆中の現在では、淡路島に感染者は居ません。ですがいつ感染者が出ても不思議ではない状況です。感染経路なんていくらでもあります。また年配の方が多い土地なので、感染しはじめると死者が出てしまうのでは?という不安がよぎってしまいます。

淡路島では独居老人や老々介護がかなり多いです。私の祖母も淡路島にて一人暮らしをしていますので他人事ではありません。

【新型コロナウィルス】淡路島でついに感染者がでた。【自粛】

うわさ話

私が聞いたうわさ話。

  • すでに発症している人が「淡路医療センター」に入院している。
  • 淡路島のどこかの高校が2月末に北海道へ修学旅行へ行っている。
  • マスクや消毒液は中国人がツアーを組んで買い占めに淡路島にきている。

なかでも医療センターのうわさは数人から聞きましたので、かなり広まっていますね。真相は私にもわかりませんが、政府が発表していない為にデマと信じたい所です。

買い占め

マスク、アルコール消毒液

本気でどこにも売っていません。目につくドラッグストアやスーパーマーケットには間違いなくありません。皆さん、どこで買ってるのか不思議なレベルです。

トイレットペーパー、ティッシュペーパー

SNSでデマが拡散された関係で今日(2020年3月4日)現在でも品薄です。我が家もストックが4ロールしかなく、スーパーマーケットに並んで買いました。

製紙メーカーが「在庫は十分」と言っていましたが、店頭に並んでいない為、本当かどうかはわかりません。

その他の日用品

もしかすると、その他の日用品も品切れになってしまう可能性もありますね。適度な備蓄は良いでしょう。過度な備蓄は控えるようにしなければなりません。

米や加工食品

学校が休みになってしまった為、給食がありません。親は子供の昼食の用意という負担が増え、米や冷凍食品、レトルト、インスタントラーメン等の需要が増えています。

親としては必要なものだと思うのですが、こちらも必要以上の備蓄は控えるようにしなければなりません。

共働き核家族

買い占められると買えない。

我が家は共働き核家族です。平日の日中は家に誰もいません。平日にドラッグストアへ行くのも仕事が終わってからです。もちろんマスクも消毒液もティッシュペーパーもトイレットペーパーも何も残っていません。

並んで買う事に「バカみたい」とまで言っている著名人もいますが、ドラッグストアのオープン時間に間に合わない人は、休日に並んでまで欲しいんです。

買えなかった人は残念だと思いますが、並んで買ってる人も一生懸命なんです。

子供

我が家には10歳の長男と3歳長女がいます。

どう過ごさせるか?

突然、休みになりました。「4年生だから一人で大丈夫!」と思いますが、何日間一人で過ごさせるのか先が不透明なので不安になりますね。

外で遊ぶのも、友達と遊ぶのも基本的にはダメだそうで、常に一人です。

ボイスチャットありのテレビゲームが唯一の友達とのコミュニケーション。ゲームのし過ぎには注意が必要ですが、唯一コミュニケーションが取れるゲームを規制するのもかわいそうです。

子供はやはり外で友達と遊ぶのが一番良いです。最初は良いですが日数が経過するにつれ、ストレスが溜まってきてしまうのでは?と不安になります。

保育所、学童(児童クラブ)は大丈夫なのか?

3歳長女は保育所へ通っています。今のところ普通に預けられますが、この先不透明です。

学童保育も普通に開設されています。ネットの情報では「席を2m離して座らせている」と書いてある記事もありました。

とにかく最初は良いんです。1週間、2週間、1ヶ月経過した時の子どもたちに溜まったストレスの”はけ口”を見つけてあげられるかが課題になってきます。

仕事

休めない。

淡路島には大きな会社があまりありません。個人商店も多いです。一人でも欠けると仕事が回らない職場が多いです。

休んでトイレットペーパーやマスクを買いに行くも難しいですし、休んで休校中の子供と過ごすというのも難しいです。

私的な見解

あくまでも私的な見解です。

月内の新型コロナウィルス終息は難しいと思います。これと言った特効薬もありません。子供は学校を休校としたので、感染のリスクが減少したかもしれませんが、大人の方が不特定多数の人と、接する機会が間違いなく多い為、政府が何の対策もしなければ、3月中も感染者が増加し続けるでしょう。

かと言って、「大人も全員自宅待機」という事はできません。仮に「全員自宅待機」にしてしまうと物流が止まってしまいますので、食糧難が発生、買い占め騒動が起こって世間は今よりパニックに陥ってしまいます。医療機関もストップしてしまうかもしれません。市役所や官公庁も誰もいなくなると、もはや「北斗の拳」状態になってしまいます。

また田舎ですので、大型スーパー(洲本に一つしかないイオン)の従業員が感染してしまうと、小さいスーパー(マルナカ、マルヨシ等)に客が殺到し、食料や日用品の買い占めが起きてしまうでしょう。

さらに人口も少ない為、感染者の特定が容易です。すぐに特定されて叩かれる可能性もあります。

都会で感染者がでるのも、田舎で感染者がでるのも、どちらも大きな問題に繋がります。

無責任かもしれませんが、国のリーダーに的確な対策を捻出してもらう他ありません。。国民全員を納得させるのは無理でしょうが、国民の安全を第一に考えスピーディーに判断してもらいたいものです。

タイトルとURLをコピーしました