スポンサーリンク
Windows Chrome Book Cloudready

古いパソコンをChrome Book化する!【Cloudready Chrome OS インストール】

Windows
スポンサーリンク

どーも!こんにちは!デジオニ管理人くっさんです(>ω<)

くっさん
くっさん

Chrome Book買いたいけど、使いこなせるか自信ない人や、理由あって買えない人は、この方法で試してみるとエエで!

先日、知人からパソコンを頂きまして、ついに私の12年愛用のメイン機「Dell Vostro1000」を引退させる事にしました。ただ処分するのは惜しいので、巷で話題のChrome Bookに採用されているChrome OSをインストールして遊んでみようと思います。

Chrome OSについて

かんたんに言うと、Googleから無償で提供されているOSが「Chromium OS」
それをベースに作られたのが「Chrome OS」という事になります。この「Chrome OS」はChrome Bookに採用されており、Chrome Book以外にはインストールできないと聞いております。これからインストールしていくのは、別の「Cloudready」という、これも「Chromium OS」をベースにしたOSです。ほぼChrome Bookと変わりありません。

さっそくインストールしていきます。

Chrome Book化に必要なもの

  • 作業用パソコン(Webブラウザ Chromeをインストールしておく)
  • 8GBもしくは16GBのUSBメモリ

Cloudready(Chromium OS)をインストールするパソコンがあるならば、用意しておく。なくても作業用パソコンで起動できます。

これだけです。あとはもちろんですが、インターネット環境が必須です(汗)

Cloudreadyですが32bit版のサポートが終了してしまいました。Cloudreadyを起動させるには、64bit対応のパソコンを準備しておく。

USBメモリのフォーマット

・作業用パソコンでChromeを開きアプリボタンをクリック。

・アプリ一覧が表示されますので”リカバリ”をクリック。

・Chrome Book リカバリユーティリティが開きます。
・USBメモリを作業用パソコンに接続。
・右上の歯車ボタンをクリックしリカバリ メディアのデータを消去をクリック。

・データを消去するリカバリ メディアを選択し、次へをクリック。

・今すぐ消去をクリック。フォーマットされます。

・以上でUSBメモリがフォーマットされました。完了をクリックして終了します。

必要なファイルのダウンロード

こちらまたは↓のページへ行きます。DOWNLOAD USB MAKER をクリックしてファイルをダウンロードしてください。

USBメモリにCloudreadyをインストールする。その1

・ダウンロードしたcloudready-usb-maker.exeを実行します。Cloudready USB Makerが起動します。
8GBもしくは16GBのUSBメモリCloudreadyのインストールUSB作成に20分必要です。と書かれています。Nextをクリック。

・サンディスク製のUSBメモリは止めといた方がいいよ~的な事が書かれています。Nextをクリック。

・インストールするUSBメモリを選択してNextをクリック。

・USBメモリに書き込みが始まります。

・最後にFinishと表示が出れば完成です。訳あって画像はありません。

Cloudreadyの起動方法

  • 完成したUSBメモリをパソコンに接続。
  • 電源ON
  • メーカーロゴが出ている間に、BootメニューもしくはBIOSを起動させるボタンを連打します。
    • だいたいのメーカーはF2キーでBIOSが起動します。
  • 起動順位(BOOT)をHDDからUSB STORAGEへ変更後、再起動してください。
  • 言語、キーボード、Wi-Fiの設定を済ませると、↓のようなデスクトップが出て来ます。

USBメモリの作成に失敗

普通ならここで終わりなのですが、実は私はUSBメモリの作成に失敗(USBメモリ書き込み中にCloudready USB Makerが強制的にシャットダウン)していまして、別の方法でCloudreadyの起動USBメモリを作成しました。

USBメモリにCloudreadyをインストールする。その2 ~その1で失敗した人はやってみよう!~

USBメモリのフォーマットは先程説明したこちらの方法で行っておいてください。

Cloudreadyのイメージファイルをダウンロードする。

こちらまたは↓のページへ行きます。

DOWNLOAD 64-BIT IMAGE をクリックしてファイルをダウンロードしてください。
・ダウンロードしたファイルは.zipファイルなので適当なアプリで展開(解凍)しておく。
・cloudready-free-85.3.2-64bit.binというイメージファイルが出て来ます。(85.3.2はバージョンなので変更されます。)

・作業用パソコンでChromeを開きアプリボタンをクリック。

・アプリ一覧が表示されますので”リカバリ”をクリック。

・Chrome Book リカバリユーティリティが開きます。
・USBメモリを作業用パソコンに接続。
・右上の歯車ボタンをクリックしローカルイメージを使用をクリック。

・先程ダウンロードしたcloudready-free-85.3.2-64bit.binを選択します。

・USBメモリをパソコンに接続し選択、次へをクリック。

・USBメモリのデータが全て削除されます。と聞いて来ます。既にフォーマットしているので問題ありません。今すぐ作成をクリック。

・CloudreadyがUSBメモリに書き込まれて行きます。

・20分程度で完了します。完了をクリックして終了してください。

Cloudreadyの起動方法は先程説明したこちらを参考にしてください。

Dell Vostro1000でのCloudreadyは使えるのか?

結論は使えません。

起動はするが、通知領域や一部表示がブラックアウトしており、使えません。USBメモリの作成失敗なのか検証の為、別のパソコンで起動してみたところ、特に表示の問題もなく使えました。

調べてみたところDell Vostro1000のグラフィックボードRadion1150に問題があるようで、こればっかりは諦めるしかありません。

このようにどうしても不具合が出るパソコンもあるので、その場合はCloudready側の修正が出るまで待つか諦めるしかありません。

まとめ

  • 古いパソコンの処分の前に、Chrome Book化も検討してみる。
  • Cloudreadyの32bit版はサポート終了。現在は64bit版しか提供していない。
  • USBメモリのフォーマットはChrome Bookリカバリユーティリティで行う。
  • その1の方法で失敗ならその2を試す。
  • パソコンによっては起動するが、表示に不具合が生じる場合がある。
くっさん
くっさん

Cloudreadyインストールできたかな?

残念ながら私のパソコンでは上手く動きませんでした。しかしながら、このままでは終わらせません。次はLinaxをインストールしてみますね。

何か不明な点や質問があれば遠慮なく問い合わせから連絡してくださいね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました